「三井住友銀行カードローン」審査に通るためのポイントはココ

094910最近、テレビコマーシャルやインターネット広告で目にすることが多くなった三井住友銀行のカードローンは、日本の3大メガバンクにあたる、三井住友銀行のカードローンです。

銀行カードローンは即日融資が不得手な分野ですが、三井住友銀行カードローンの審査は最短で30分で完了するので、カード発行は最短で申込当日が可能なので融資にも対応しています。

また、銀行カードローンと言えば、申込先の銀行に口座がなければならないという条件になっているカードローンが多いですが、三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行に口座を持っていなくても申込みができるのも、選ばれるポイントのひとつになっています。

 

総量規制外のメリット

022-rise_free三井住友銀行のカードローンは、総量規制の対象外になります。総量規制の完全施行によって、消費者金融や信販会社から融資を受ける人は、年収の3分の1以内という制限を受ける事や、無職の専業主婦(夫)は配偶者の同意が必要になったことなど、消費者金融で融資を受ける場合これらの制限があります。

しかし、三井住友銀行カードローンをはじめ、銀行が融資するローンは貸金業法が適用されないので、総量規制の制限はありません。

銀行カードローンは総量規制の対象外になり、それぞれの銀行は独自の審査基準を設けているので、審査に通れば年収に関係なく融資が受けられますし、消費者金融と比べて金利が低いというメリットが有ります。

しかし、いくら総量規制の対象外であるとはいっても、度を越えた貸付は銀行側も行いません。当然の事ですが、銀行カードローンも審査はあります。そこで、忘れてはならないのは、低金利のローンほど審査は難しくなるという事実です。銀行カードローンについては、総量規制の対象外だからこそ、審査は厳しいととらえてもいいかもしれません。

 

三井住友銀行カードローンの申込条件

銀行カードローンの審査に通りたいと思う時は、まず目的の銀行カードローンを調べて自分に適正なカードローンなのかを調べる必要があります。

三井住友銀行カードローンの審査に通りたいのであれば、まずは「三井住友銀行」と「カードローン」について調べてから申込をするのがポイントです。

三井住友銀行カードローンの申込条件は、

  • お申込時満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定したご収入のある方
  • 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
    ※お申込はご本人さまに限らせていただきます。

となっています。

上記の最低限の申し込み条件をクリアすることが最初の関門です申込条件は、普通に働いて普通に給料をもらって生活していれば、それほど注意する事はありません。基本的に審査はコンピューターを使って行い、その段階で契約可能な人と審査条件にそぐわない人に分類されます。

最後の三井住友銀行指定の保障会社とは【SMBCコンシューマーファイナンス】の事で、銀行の審査ももちろんありますが、このSMBCコンシューマーファイナンスの審査に受かる必要があります。

 

審査にかかる時間はどれくらい?

time

 

三井住友銀行カードローンの申込み方法は、インターネットからの申込方法はもちろん、スマホ、三井住友銀行のインターネットバンキングからの申込、店頭のローン契約機、郵送による申込、電話で申込、窓口から申込が可能です。最も便利な申込方法は、インターネットバンキングからの申込で、本人確認がすでに済んでいるので簡単に申込が出来ます。

審査結果の連絡は9:00~21:00までとなっているので、それまでに申込をして、審査に通れば即日融資も可能です。審査は最短30分、ローン契約機ならカードもその場で発行されます。土・日・祝日もほとんどの設置場所で21時まで申込みが出来るので、用事を済ませた後や出かける前日でも、申込みを行うことができます。どうしてもカードが早くほしい場合はローン契約機がおすすめです。

カードローンの審査は最短30分となっていますが、申込をした曜日や時間帯、申込者の属性や、他社借り入れ状況なども審査されるので、30分では審査が終わらないことも多々ある事を了解しておく必要があります。

 

審査に落ちた時は原因を調べる

審査に落ちたという場合、理由は教えてもらえませんが、何らかの理由が有るはずです。

  1. 申込書の記載内容にミスはなかったか、また記入漏れはなかったか。
    審査に落ちる原因として最も多いのが、申込書の記入ミスや記入漏れと言われています。
    提出する前に記入内容を再度確認してから送信しましょう。
  2. クレジットカードや携帯電話の支払いで延滞を起こした事はないか。
    案外気が付きにくいのが、クレジットカードや携帯電話の料金の支払いで延滞が有った事です。
    これらがあると、信用情報機関の個人情報に延滞が有った事が記載されることが有るので、指定信用情報機関に問い合わせをしてみる必要があります。
  3. 現在は借りていないがカードローンの複数契約している。
    クレジットカードのキャッシング枠が過剰にあるなど、これらも審査に通らない要因となるので、不要なカードローンは契約を解除するなどの手続きが必要になります。

 
三井住友銀行のカードローンは比較的低金利で借入れができることで人気です。もし三井住友銀行カードローンを利用したいと思った時は、貸付条件をよく確認し、自分に適したカードローンかどうかを確認してから申込みを行いましょう。