保証会社の保証を受けるとは

銀行でカードローンを利用する時は、保証会社による保証を受ける必要があります。三井住友銀行カードローンの融資条件にも「年齢が満20歳以上満69歳以下で、原則安定した収入のある方。当行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方」となっています。

保証会社とは担保や保証人を不要とする代わりに、保証会社が銀行へ申込者の保証を行うものです万一、返済が出来なくなった時は、保証会社が代わりに返済を行うような流れになります。

 

保証会社の審査

312839保証会社の審査と聞くと、特別なイメージがありますが、キャッシングの通常審査とそれほど違いはないようです。たとえば、収入は安定しているかとか、他社からの借入れが多すぎないか、過去に金融事故を起こしていないかなど、審査内容は消費者金融のものと大差はないと言われています。

ただ、銀行からの貸付け審査となるので、消費者金融が保証会社となっている銀行のカードローンであっても、審査基準はいくらか厳しくなるようです。例えば、三井住友銀行のカードローンは、保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスとなっています。

SMBCコンシューマーファイナンスは「プロミス」のサービス元であり、「プロミス」の審査ではアルバイトやパートの方でも利用出来る可能性が十分にありますが、三井住友銀行カードローンでは、審査に通る可能性が低くなると言われています。

 

返済で遅延や延滞を起こしてしまうと・・

三井住友銀行とカードローンの契約が成立し、何らかの事情で返済が出来なくなってしまい、遅延や延滞を起こしてしまうと、ひとつは保証会社が銀行に対して代位返済をします。そうなると債権は保証会社に移り、その後の督促や連絡は三井住友銀行からではなくプロミスと今後の返済について打ち合わせをする事になります。

また、銀行に対して信用を失うという事は、大きなデメリットでもあり、利用状況によっては銀行口座すら作れなくなります。銀行の口座は借金と無関係だといっても、銀行は信用を大事にする金融機関なので、信用を無くしている人に対しては、口座開設も出来なくしてしまいます。

キャッシングを利用する時は、借入をする前に「返済シミュレーション」などを利用して、無理のない返済計画を立てることが重要です。