三井住友銀行カードローンの金利と限度額

三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンならではの金利の低さや、即日融資が可能な事で人気のあるカードローンです。

三井住友銀行カードローンのスペック

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%~14.5%、融資限度額は最大で800万円というハイスペックのカードローンで、金利は、契約極度額に応じて変化します。

融資限度額が高くなればなるほど、金利が下がるため、まとまったお金を借りる時は適用される利率が下がります。少額の利用でも、大手消費者金融のアイフルやアコムの上限金利18.0%と比べれば、三井住友銀行カードローンは、同じ上限金利で比べてみても単純に3.5%は下がります。

消費者金融の金利は高いので、金利を少しでも抑えて借りたい人は、三井住友銀行カードローンが適しています。また、三井住友銀行カードローンは借入残高に応じて、毎月の返済金額が変わります。契約限度額が大きいとしても、少額の利用に留めれば少しの返済で済むので、自身の状況に合わせて必要なだけ借りられるのも魅力です。

 

利用限度額が増えるほど金利は下がる

189478三井住友銀行カードローンの金利は契約限度額によって変わります。どういう事かと言うと、限度額が増えると金利は下がります。

たとえば、100万円以下の場合は12.0%~14,5%、最大の700万円~800万円は4.0%~4.5%になっています。しかし、三井住友銀行カードローンの返済金額は極度額ごとには定められておらず、借入残高によって変わるようになっています。

そのため、10万円を借りたとしても、限度額が100万円以下の場合で借りるよりも、300万円を超えるような限度額の契約となっている方が、金利が下がります。

どちらも上限金利で計算してみると、20万円を30日間借りるとすれば、極度額が100万円以下(14.5%)では利息は2,383円、300万円超(8.0%)で1,315円となります。

同じ金額を借りているにも関わらず、大きな極度額での契約となれば金利の負担が軽くなります。利用限度額が300万円だとしても、5万円だけ必要なら5万円だけ借りればよく、5万円では足りなかった場合は、再び必要な分を借りれば良いのです。