三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット

最近テレビコマーシャルでもよく見かけるようになったカードローンに「三井住友銀行カードローン」があります。御存知の通り、3大メガバンクのひとつでもある三井住友銀行のローンサービスが「三井銀行カードローン」です。

三井住友銀行カードローンは金利4.0%~14.5%、融資限度額は最大で800万円、即日融資が可能という好条件のカードローンですが、メリットばかりでなくデメリットもあります。

 

三井住友銀行カードローンはどんなカードローン?

実質年利 4.0~14.5%
借入限度額 大800万円

 

「三井住友銀行カードローンは、金利4.0~14.5%、最大800万円までの融資限度額を売りにしています。審査時間は最短30分というスピード審査で、ローン契約機(自動契約機)もあり、即日融資が可能です。銀行カードローンの中では、スピード融資と利便性に優れたカードローンと言えます。

申込条件は、年齢が満20歳以上満69歳以下で、原則安定した収入のある方で、当行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方になります。申込は、パート・アルバイトでも安定した収入が有る方なら誰でも申込が出来ます。ただし、自身に収入のない方(専業主婦など)は申込できません。

 

三井住友銀行カードローンのメリット

即日融資が可能な銀行カードローン

ネットや電話で申込み、ローン契約機でカードを受け取ればすぐ借入れできます。
(申込みからカード受取まで、全てローン契約機で済ませることもできます)。

ローン契約機は、土日祝日を含め9~21時まで営業しているので、平日忙しい人でも時間を気にする必要がありません。

手数料無料で使えるATMが多い

三井住友銀行のATMはもちろん、セブン銀行やローソンATM、ファミリーマートの@BANK、が手数料無料で利用できます。

三井住友銀行カードローンのデメリット

振込みキャッシングサービスが出来ない

借入れの際、指定口座へ振込み融資が出来ません。
借入方法は、提携ATMかインターネットバンキングのみになります。

返済方法が限られる

三井住友銀行の口座を持っていない場合、返済方法は提携ATMか振込みに限ります。
三井住友銀行カードローンは三井住友銀行に口座がある人や、借入や返済はATMを利用するという人に向いているカードローンと言えます。