レンタルドレスで最高の一日を

>

幸せを願うサムシングフォー

花嫁の幸せを願うサムシングフォー

これから夫婦となって幸せな結婚生活を歩んでいく二人の始まりとなる、結婚式。
幸せを願って縁起を担いだり、ジンクスを大切にする方も多いでしょう。
日本では鶴亀や梟(不、苦労)が縁起が良いとされています。
欧州では200年以上前から花嫁の幸せを願うおまじないとして花嫁たちが実践たサムシングフォー。

・サムシングオールド(なにか古いもの)
母や祖母などから受け継いだ何かを身に着けることで、家族の絆を引き継いでいくことでしょう。
花嫁にとってのお守りともなります。

・サムシングニュー(なにか新しいもの)
二人は結婚式を境に、新しい毎日を歩んでいくことでしょう。
その新生活を祝って新しいものを身に着けます。
新しいものであれば何でもかまわないので、ドレスでも靴でも大丈夫です。

サムシングフォーの由来

・サムシングボロー(なにか借りたもの)
「幸せな結婚生活をしている人から幸せを分けてもらう」
borrowは「借りる」という意味。
サムシングボローは、すでに幸せな生活を歩んでいる知人から、幸せな結婚生活をわけてもらうということです。
結婚生活の先輩である両親でも構いません。
知り合いの方からアクセサリーやハンカチなど、借りるものはなんでも構いません。

・サムシングブルー(なにか青いもの)
blueはもちろんのことながら、「青」を指します。
青は、ヨーロッパでは特別な色です。
聖母マリアのシンボルカラーとして知られる、マドンナブルーは清らかさや誠実な愛情を示します。
青い靴や、青い花をブーケに入れるなどしてもOKです。


TOPへ戻る